橋本礼のブログ
RECOMMEND
RECOMMEND
PR
Profile
Search this site.
twitter
MOBILE
qrcode
Others
<< ときには娼婦のように | main | ウルトラキャット >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | - | - | このページのトップへ
ウルトラ
今、リハーサルのため、京都にいます。
ヤノベケンジさん率いるウルトラファクトリーがあるのは、京都造形大学。
そこで今回の作品「ガリバー&スウィフト」の様々なオブジェが製作されています。
わたしが身を包む巨大な「解体娼婦」も完成を迎えつつあります。
一昨日は歩くのもままならなかったこの巨大娼婦。昨日は歩行がスムーズにできるようになり、今日は装飾も美しくされ、通し稽古でも使えるまでに改良されていました。ウルトラクルーのみなさんの仕事に大感動。
毎日ロクに寝ずに製作しているんです。
昨日なんて、装着してみたところ要改良の箇所がいくつも出たのに、鬼の小池さんは、ウルトラチームのみなさんに「昼の12時までにお願いします」と、ひとこと。
そのときの時間、23時。
それって、寝るなってことでしょ!?鬼ぃ〜!
でも、そこでヤノベさんは「わっかりました!やりましょう!」って、言っちゃうんです。あ〜。
そのとき、他のウルトラクルーのみなさんが顔面蒼白になったのは、言うまでもありません。。

そんなひとつひとつのオブジェのパーツには、アイディアと愛がいっぱいつまっています。
身につけると、エネルギーが満ちてくる。見えない力も身にまとい、わたしは一歩一歩、歩けるのです。

京都にきて、ウルトラのみなさんのパッションと出会えて、とてもうれしいです!
なんとしても解体娼婦の最高の操り手になることが、わたしの使命です。

よーし、やるぞぉ!!
| 舞台 | 02:12 | comments(0) | trackbacks(1) | - | - | このページのトップへ
スポンサーサイト
| - | 02:12 | - | - | - | - | このページのトップへ
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
■『ULTRA FACTORY ウルトラファクトリー展』探訪記・3 パパ・タラフマラ「ガリバー&スウィフト」 ヤノベケンジの舞台装置と劇団リハーサル
パパ・タラフマラ「ガリバー&スウィフト 作家ジョナサン・スウィフトの猫・料理法」
| ★究極映像研究所★ | 2008/10/04 8:31 AM |